人気ブログランキング |

頭ん中バグッちゃってさぁ

もえかるくいろいろひねって行きつくスキル構成には3種類あると思うんです

・攻撃力やACなどの数値の高さを追い求めたパラメータ重視タイプ
例:脳筋型強化戦士(戦技強化) 戦技牙(牙罠着こなし回避盾抵抗調合) 強化メイジ等 戦闘スキルを多くとるよりはbuff枚数が重要ぽい

・可能な行動の多様さとコンボで攻めるテクニック重視タイプ
例:4魔法↑メイジ(賢者) 二武器↑調和(忍者) 破壊回復強化戦士(勇者)等 基礎を切れば切るほど美しい

・上記二つの最大公約数的なバランスタイプ
例:着こなし盾抵抗脳筋 抵抗着こなしメイジ等 誰が相手でもとりあえず突っ込める構成


で どのタイプが優れているとかそういう話をしたいんじゃなくて
それぞれのタイプのそれぞれの構成にあったそれぞれのスタイルがあると思うんです






極端な話をすれば回避無しAC同じ前提で攻撃力ブーストbuffつけまくりの脳筋戦技刀剣パンダと
筋力70くらいのもにが棒立ちで殴り合ったらパンダがなぜかやられるきがする勝つことは明白ですね
しかし 攻撃力を削ってる分のスキルで脳筋のスタイルをかき乱せば一転有利に戦いを進めることだって出来ます


で 実際強いPスキル高いギャグセンサイコーといわれている人はそのスキル構成と
認識している自分の(そのキャラの)スタイルが一致している人だと思うんです
その構成での戦い方が見えてると言うか
勝つまで(目的を達成するまで)の流れが頭の中に描けてると言うか
意識的にしろ無意識的にしろ戦闘開始から終了までのそういうイメージやビジョンを持って
スキルを構成しアイテム枠を埋め戦闘スタイルを研鑚しているんだと思います


これは逆に言えば 強構成とかテンプレと一般に呼ばれるスキル構成は
目的達成までの道筋や工程が確立 もしくは限定されていて
それゆえに戦闘スタイルもしくは必勝パターンが見えやすく 
スキルとスタイルの一致が容易なために強いのだと思います


スキルでネガったりしちゃうのはそのスタイルが自分と合わないか
もしくはスタイル自体がぼやけてたり見えていない状態なんじゃないかなーと
まあ気持ちはSuGEEEEEわかるんですが 
それではうちのようにずっとnoobでなければならなくなります


で ここから投げ強化戦士でもやってみようかなーという話にもって行こうと思ったんですが
強化上げが激しくマンドクサクなったので終了
by nakajiman2003 | 2007-05-19 23:09 | 本文
<< けんかはやめて ふたりをとめて それにしてもこのエビ プリプリである >>